クーラントユニットTNC

クーラントユニットTNC

BT30番マシニングセンター専用クーラントユニット誕生

特 長

省スペース、省資源

タンク容量143ℓ小型タンクで循環するので、従来ドラム式ユニットに比べてスペース2/3とコンパクト設計。
少ないクーラント液をろ過移送し滞留が無いので、バクテリアを抑制、クーラントの劣化軽減します。

タンクメンテナンス軽減、
作業効率向上

スクレーパー式2段コンベアとNOPサイクロンフィルターポンプでクーラントを全量ろ過し循環移送。
タンク内にスラッジが堆積しない構造を採用。タンク内洗浄等のメンテナンスが軽減され作業性を向上させます。

加工不良低減、加工精度向上

機内へのクーラント移送はNOPサイクロンフィルターポンプで全量ろ過しクリーン液を供給。
切粉による着座ミス、チョコ停、ワーク傷を防ぎます。

機構概略

STEP
1次ろ過

スクレーパー式2段コンベア上段で大きな切粉を排出、1.0 mmパンチングメタルを通過した細かな切粉も下段コンベアでタンク外へ排出します。

STEP
細かな切粉を処理

スクレーパー式2段コンベア下段で排出、スラッジはサイクロンフィルター付きポンプで吸入ろ過分離しクリーン液はマシン機内へ、ダーティ液はスラッジ回収金網バケットで回収します。

STEP
クリーンなクーラント液を循環

タンク内スラッジ堆積防止する機構として拡散ノズルにてサイクロンフィルター付きポンプへ強制循環、再吸入させて回収します。

クーラントユニットTNC構造説明
クーラントユニットTNC構造説明

説明動画

設置例

コンベア後出し仕様】

コンベア後出し仕様

【コンベア左出しスルー付き仕様】

コンベア左出しスルー付き仕様

使用半年後のタンク状況

TNC使用半年後のタンク状況

寸法図・仕様表

代表図

クーラントユニットTNC寸法図

図面ダウンロード

(ファイルをダウンロードするためにはパスワードが必要になります。パスワード取得はこちらから可能です。)

代表仕様表

◆コンベア仕様(スクレーパー)

搬送速度2.40 m/min(50 Hz)
2.88 m/min(60 Hz)
コンベアチェーンRF2050R4LA2:8リンク毎スクレーパー付
RF2060R4LA2:8リンク毎スクレーパー付
安全装置電流リレー
クーラント容量1次タンク 143 ℓ(有効容量84 ℓ):
コンベア内94 ℓ(有効容量54 ℓ)
タンク内49 ℓ(有効容量30 ℓ)
2次タンク 23 ℓ:1次2次総容量166 ℓ
電源AC200/200 V 50/60 Hz
電装中継操作盤まで
塗装弊社標準色(マンセル 5Y8/1.5ツヤ有り)
ウレタン塗装

◆コンベアモータ仕様・減速機

モータ形式・仕様TMHF-02-240-001 0.2 kW 1/240
負荷検知付き(電流リレー)
回転数6.3/7.5 rpm(50/60 Hz)
定格電流1.24/1.1/1.11 A(200/200/220 V)(50/60/60 Hz)

◆サイクロンフィルターポンプ、モータ仕様

ポンプ形式・仕様YTH2200AN-I252CSJE(JW)
モータ形式・仕様IKH3-FCKLA21E(2.2 kW/2P)
最大吐出量250 ℓ/min(コンタミ排出量30〜60 ℓ/min)
定格電流8.6/8.4/7.6 A(200/200/220 V)(50/60/60 Hz)
ろ過性能100 μm/99.9%(50 μm/90%以上)

◆中圧ポンプ、モータ仕様(センタースルー付きオプション)

ポンプ形式・仕様YTH1500A3-S216EVD20C or S216CVD20
モータ形式・仕様IKH3-FCKLA21E(1.5 kW/4P)
最高圧力2.0MPa
吐出量24.0/28.8 ℓ/min(50/60 Hz)
定格電流6.8/6.4/6.0A(200/200/220 V)(50/60/60 Hz)

◆ステンレス金網バケット(コンタミ回収)

形式・仕様外径φ250×300 mm(網目250/500 μm)

※コンベア排出方向、中高圧スルーポンプ付きなどニーズに合わせたラインナップを御用意しております。

カタログ・取説・図面ダウンロードページバナー